土地活用のメリットについて

土地活用にはさまざまなメリットがあります。

その特徴をしっかりと確認してメリットを十分に生かせるように知識を頭に入れておくことがまずは大切です。

土地活用を行うことで得られるメリットのなかに、有効な税務対策になるという物があります。土地を持っているという人がいますが、ただ持っているだけでは収入もなく逆に維持費が必要になります。

その費用の代表的なものが税金になります。土地を手放したくないという人がたくさんいるなかで、少しでも税金の負担を少なくすることができれば、維持していくためには有効となります。

この有効な手段となっているのが賃貸住宅経営に代表されるような土地活用の方法となっています。

土地活用のなかで相続税のメリットとして考えられることは、現金よりも不動産が有利と言うことです。相続税の評価は基本的に相続が開始されたときの時価で決められるようになっています。

評価方法に関しては、財産の種類によって異なっていると言うことを理解しておきます。

土地や建物の不動産の場合には、相続の評価は時価ではなく評価額で決められるようになっています。

この評価額ですが、時価よりも低くなることが多くなっています。

また土地活用や特例によって低くなることもあるので、現預金で相続をするよりも有利に働くと考えられています。

たとえば土地に賃貸住宅を建てた場合には、その節税効果が次のようになっています。

市街地の宅地に資産を持っているという人が、賃貸住宅を建てると、市街地の宅地の評価額が貸家建付地の評価によって約80パーセントに減額されるようになっています。

また建物の評価額は貸家権割合に応じた控除によって約70パーセントに減額されるようになっています。

固定資産税は更地の状態では評価額はそのまま課税標準額になっています。

しかしここに賃貸住宅などの建物を建てることで、たくさんの特例が適用されるようになっています。

また必要経費で所得税の軽減に繋げることもできます。

太陽光で土地・空き地を活用して安定収入!

土地活用のさまざまな方式

眠っている土地を有効に活用するために土地活用を行おうと考えている人がいますが、具体的にはいくつかの種類に分けることができます。

そのなかで土地信託方式というものがあります。

土地信託方式は、信託銀行に土地や建物を信託し、信託銀行がその不動産の管理や運用を行う形となっています。

管理や運用を行うなかで、資金調達や建物の建設や分譲なども行っています。

この方式では土地所有者は信託配当金を受け取るようになっています。

土地の名義に関しては、契約期間中は信託銀行に移ると言うことを頭に入れておきます。

土地信託方式は自己資金が少なくても行うことができる土地活用です。事業ノウハウがなくても実践することができ、相続税対策をすることも可能です。

また土地活用では、等価交換方式もあります。

等価交換方式は、土地所有者が全ての土地をデベロッパーに譲渡するようになっています。

そのなかで建物の区分を行い、それに見合った土地の共有持ち分を取得する方法となっています。

このほかの方法として、土地の一部をデベロッパーに譲渡するという部分譲渡方式があります。

デベロッパーが借地権を設定するという定期借地権設定方式もあります。

健全な資産経営を行う際には、不動産や有価証券や金融資産をバランス良く持つと言うことが非常に大切となります。

これは財産三分法となっています。しかし必ずしもこのバランスを保つことができると言うことではありません。現在では全資産に占める土地の割合が非常に高くなっているというケースが多くなっています。

このようなときには土地活用として土地の一部を売却してそのバランスを整えると言うことも必要になります。これも土地の有効活用の一つの方法です。

売却は土地を手放したくないという人には向いていませんが、固定資産税を減らすことができます。

このように土地活用にはいくつかの方式があるので、有効に活用させるためには自分が納得できるものを選ぶことが大切です。