土地活用で不労収入を手に入れよう

By | 2015年12月20日

古くから代々受け継いでいるものの、特に用途のないまま放置されている土地があるという家庭が、意外にも多いものです。

しかしながら、いくら用途のない土地であっても、固定資産税が課税されてしまったり、山林などであれば、木々の剪定などの維持費が発生してしまったりと、土地は保有しているだけでも固定費がかかってしまいます。

このように、使用していないにもかかわらず、費用を払い続けるぐらいであれば、いっそのこと土地活用に転用することで、収入を得られるようにすることを検討してみましょう。

土地活用にも様々な方法がありますが、代表的な例として、マンションや駐車場を作り、賃料収入を得るというものがあります。活用していない土地が都市部などの好立地にあれば、賃料収入のみで生活していけるだけの収入を得ることも可能です。

マンションや駐車場の管理は、不動産会社に一任することができるため、自分では何もしなくても良いという手軽さも魅力的です。

また、マンション建設等にかかる費用をアパートローンで調達した場合にも、賃料収入を返済費用に充てることができるため、計画的な資金計画を組むこともできます。

一方、マンションや駐車場にしても、借り手が見込めないような辺境地の場合には、太陽光パネルを敷き詰めて、太陽光発電で生み出した電力を販売するもいう土地活用の方法もあります。

最近では、太陽光発電に代表される再生可能エネルギーへの要請も強いことから、導入にあたって地方公共団体から助成を受けることができるケースもあります。

同じように、導入資金の調達にあたっても、金利の優遇や利子補給の受給などの施策も充実しつつあるので、借入のハードルが低くなりやすいこともポイントです。

上記の例のように、使用していない土地を活用し、不労収入を生み出すための方法は色々あります。

まずは、不動産会社に土地活用の相談をしてみることが、不労収入の獲得に向けた第一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です