土地活用のそれぞれのメリット

By | 2016年1月15日

土地活用とひと言で言いますが、その活用方法によって得られるメリットが異なっています。

それぞれのメリットをしっかりと理解し、その中で自分が現在持っている土地にあった活用方法を選ぶことが大切です。

地域のニーズに合わない活用方法を行ってもしっかりとした収益を見込むことができません。

長い目で見た計画が必要になります。土地の活用方法には一長一短があるので、しっかりと理解をした組み合わせを考えることが大切です。

その中で定期借地として活用するという方法がありますが、この場合のメリットとして考えられることは、借入が不要と言うことと固定資産税が少なくなります。

その金額は6分の1です。

また当初の相続税評価が45パーセントから25パーセント削減されるようになっています。

これは非常に負担を減らすことができます。

この活用方法では、譲渡税のかからないまとまった保証金を手に入れることができます。

そして安定した地代を得ることも可能です。トータルバランスは非常に高くなっています。

定期借地は30年以上または50年以上の長期活用をする方法となっています。

ここで大切なことは、ユーザーが納得できる賃料設定をすることが必要になるという点です。

このほかに駐車場として土地活用をする場合がありますが、ここでは投資金額が少ないと言うことと借地借家法に関する心配がないというメリットがあります。他の事業へ転用しようと考えたときには、その手続きがスムーズで売却も行うことができます。

相続の納税用地として利用されることが多い方法となっています。

固定資産税が住居用と比べると6倍となっていますが、地域のニーズに合わせることでたくさんの利用者を見込むことができます。場合によっては初期コストを安く抑えることができます。

最終的に土地売却を検討しているという人がいますが、この場合固定資産税などの税金や管理の必要がなくなります。

先行売却を行うことで節税や収益向上を行うこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です